整理収納術 キッチン

お料理が楽しくなる♪キッチンの片付け術

投稿日:

きれいに片付いたキッチン
  • 同じ道具は最小限の所有に!
  • 箱や仕切りを使って使い易く!

キッチンが散らかっていると、お料理する度にストレスですよね。
頻繁に使うキッチンだからこそ、使いやすく片付けておきたいものです。
そこで、今回は、キッチンの片付け術についてお伝えします!

同じものは最小限に

キッチンのスペースは、限りがあります。
小さなスペースの中で、いかに使いやすくするかがポイント!

そのためには、まず、キッチンにある余計なものを減らしましょう。
調理道具や用具などで、同じ種類のものが複数ある場合は、必要な分だけを選別します。

洗いながら使えば足りるものは、最小限の数にしておくことで、便利な場所に収納ができ、使いやすくなります。

調味料やストックなども、気づかないうちに同じのを買っていることも…。
同じものはまとめて一箇所に置き、無駄買いしないようにしましょう。

賞味期限の切れた食品なども処分すると、冷蔵庫もスッキリとして気持ちが良いですよ♪

引き出しには仕切りを

台所の引き出しを仕切りを使ってきれいに整理
引き出しには、仕切りを作って収納しましょう。
ケースやカゴなどを使って仕切ることで、引き出しの中がゴチャゴチャするのを防ぎ、使いやすくなります。
不要な空き箱、タッパなども仕切りに使えますよ!

高さを活かした収納を

シンク下やコンロ下などは、キッチンの中でも大きなスペースになります。
そのスペースを有効活用するために、高さを活かした収納を作りましょう。
引き出し収納の場合は、書類ボックスやカゴを並べて仕切りを作り、お鍋などの調理用具を立てて収納します。
扉収納の場合は、ラックなどを使って収納スペースを作ることで、高さを有効的に使えます。

カゴや箱にまとめる

キッチン下の収納ストッカーをきれいに整理

調味料や、食材などの細々しているものは、カゴや箱にまとめて収納しましょう。

引き出しのように使うこともできるので、奥の方に収納したものも使いやすくなります。

キッチンが使いやすく片付いていると、お料理するのが楽しくなりますよね♪

ぜひ、気になるところからキッチンを片付けてみてください!

ライタープロフィール
竹内えりな 竹内えりな

竹内えりなのときめき片付けレッスン
日本ときめき片付け協会

「まだ使えるから」という理由から、モノが捨てられず、
モノに埋もれた生活を送っていた二十数年。

片づけが得意な友人とルームシェアをしたことがきっかけで、徐々にモノが捨てられるようになり、
モノを減らしたことで、ラクに生きられる自分を体感。

「もっと片づけを学んでみたい!」
そんな気持ちから、整理収納について学び、仕事として始める。

現在は、片づけられない女から片づけられる女になった自身の経験を活かし、
講座やセミナー、個人レッスンなど、全国で活動中。

【 経歴 】
2012年より家事代行会社にて、整理収納アドバイザーとして活動開始。
お客様へ整理収納サービス行いながら、スタッフさん向けの整理収納の講座や研修を担当。

その後、「人生がときめく片づけの魔法」著者:近藤麻理恵さんが顧問を務める『日本ときめき片づけ協会』の0期生として、
こんまりさんから直伝で「ときめき片づけ法」を習得。

2014年より、片づけコンサルタントとして活動開始。

関わらせていただいたお客様は、延べ500名以上にのぼる。

お客様の『好きなモノに囲まれたお部屋づくり』のお手伝いができることに喜びを感じ、日々活動中。

【 保持資格 】
☆整理収納アドバイザー1級
☆整理収納アドバイザー2級認定講師
☆ときめき片づけインストラクター
☆ときめき片づけコンサルタント2級

-整理収納術, キッチン

Copyright© 整理収納情報|MYKURA.COM , 2019 AllRights Reserved Powered by STINGER.